Home > 小顔ダイエット > 小顔ダイエット:小顔にならない原因とは

小顔ダイエット:小顔にならない原因とは




顔を小さくしたいと願う人たち向けの「小顔ダイエット」。

小顔になりたいと思うきっかけは人それぞれですが、以下のようなことを気づいた時点から、顔を小さくしたい、顔を引き締めたい、顔の艶を出したいと思う人が多いようです。

太ってくると、どうしても顔が大きくなってしまいます。加齢とともに、顔がたるんだことが気になる場合もあります。リンパの流れが悪くなり、顔に老廃物が溜まったことで、肌に艶がなくなったり、むくんだりすることもあります。顔だけではなく身体のゆがみによって、老け顔に見えることもあります。

このようなことが原因となり、若い頃とは違う顔立ちになってしまったのです。

まずは、小顔ではない人とは、どのような特徴があるのか、もう少し考えてみましょう。

小顔ではない人の特徴

小顔でない人は、姿勢が悪く、老廃物の排泄が不十分です。

これが、小顔でない人の最大の特徴です。

姿勢の悪さは、身体のさまざまな箇所に見られます。

まずは、骨盤のずれ

いつも決まった足を上にして横ずわりをしていませんか。バッグをいつも同じ方の肩ばかりにかけていませんか。このようなことを続けていると、骨盤がずれてしまいます。この骨盤のずれが、リンパの流れを阻害しているのです。

他にも、家事によっても身体のバランスが崩れることがあります。食器を洗うときにシンクが低すぎることがありませんか。掃除機をかけるときに長い間前かがみの姿勢になってしませんか。このような姿勢を続けたことにより、首から肩がこったり、腰が痛くなったりということでも、リンパの流れが悪くなってしまうのです。

骨盤がずれるような姿勢や肩や腰が痛くなる姿勢が、顔がむくんだような老け顔にしている原因にもなっているのです。

小顔ダイエット

小顔ダイエットは、顔を引き締めることをめざします。

・顔の引き締め

顔を引き締めるためには、顔のリンパの流れを良くする必要があります。口を大きく開けたり、口の左右の口角(唇の端)を順番に上げて数秒止める動作を繰り返すことで、リンパが流れるようになり、老廃物が溜まらなくなります。

口の周りの筋肉などを鍛えることで、肌に透明感が生まれ、表情も豊かになるのです。

・骨盤矯正

顔を引き締めるという直接的な方法ばかりではなく、骨盤のずれを治す体操をすることもお勧めです。骨盤のずれを治す体操は、さまざまな方法がありますが、ここでは一例をご紹介しましょう。

1.骨盤回し

骨盤を左右に回す運動です。足を肩幅に開いて、両手を腰にあてます。顔を前に向けた状態で、腰を大きく右に回します。続いて、同じように左に回します。これを左右10回ほど行ないます。

2.上半身の前後倒し

上半身を前後に倒す運動です。まっすぐに立った状態で、足を肩幅に開いて上体をゆっくりと前に倒します。次は、上体をゆっくりと後ろに倒します。この前屈と後屈をそれぞれ10回ほど行ないます。

3.骨盤押し

骨盤を左右から押す運動です。立った状態で肩幅に足を開き、足のつけ部部分の出っ張った箇所に同じ側の手を当てて押します。右側から押すのが10回ほど。左も同様です。

このような顔や腰の運動を行なうことで、リンパの流れを良くし、小顔になることをめざすのが、小顔ダイエットです。

ただ、このような運動を続けるのがむずかしいという人は、小顔マッサージをしてくれるエステ脂肪溶解を行なう治療などによって、小顔を実現することもできます。

このような小顔対策によって、「しわ」や「たるみ」も同時に解消できる場合もあります。

小顔になって、若々しくなる。

そういう自分をめざして、小顔ダイエットに取り組みたいものですね。





Home > 小顔ダイエット > 小顔ダイエット:小顔にならない原因とは

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top